Miroはオンラインホワイトボード、FigJamはチームのお気に入りの場所

組織がつながり、アイデアを出し、一緒に仕事をするためにFigJamに移行している理由をご覧ください。

始める

FigJamとMiroの比較
MiroからFigJamに切り替えるのはなぜ?

FigJamでブレインストーミングをしていると、誰もが以前よりも積極的に参加します。ラフスケッチ、ワイヤーフレーム、システム設計、クラスター分析など、さまざまな形でアイデアが出てくるようになりました。
Cody Cai, Product Designer at Twitch

FigJamにはMiroのようなテンプレートがあるの?

Figmaコミュニティには、エキスパートデザイナー、プロダクトマネージャー、リサーチャーなどが作成した多数のテンプレートとリソースが用意されています。コミュニティで見つけたテンプレートをFigJamホワイトボードに追加して、すぐに使い始めることができます。

FigJamにはMiroのようなインテグレーションがあるの?

FigJamは、皆さんのようなチームが作成したプラグイン、ウィジェット、埋め込みのエコシステムが拡大しているオープン・プラットフォームです。ですから、FigJamでは様々なことができ、チームのニーズに合わせたカスタマイズも可能です。

FigJamは、ブレインストーミングから勉強会、デザインジャムまで、まったく新しいレベルのエンドツーエンドのコラボレーションを実現できます。
マット・フリホルスキー氏、UXマネージャー、Shopify

FigJamにはゲスト向けの1日パスがあるの?

はい、FigJamにはオープンセッションと呼ばれる機能があります。オープンセッションは、起動してリンクを共有するだけで利用できます。アカウントを作らずに、24時間無料でコラボレーターとジャムることができます。

Figmaの編集者はFigJamの利用料を支払う必要があるの?

すべてのFigmaエディターシートで個人用ホワイトボードを無制限に利用できます。無制限のコラボレーションホワイトボードが必要な場合は、有料のFigJamプランの契約が必要です(3米ドル以上)。FigJamはFigmaと連携する唯一のホワイトボード。ブレインストーミング、アイデアにもとにしたデザイン作成、プロトタイプ作成をスピーディに行えます。